So-net無料ブログ作成
検索選択

風疹 症状 大人 対策 [健康]

最近は大人の風疹患者が増えているらしく、8割が男性患者とのこと。
成人の男性を中心に風疹の流行が続いています。

【スポンサーリンク】



【症状】
発熱と赤い細かな発疹という全身症状が特徴。
発熱・咳・鼻水など、風邪と似た症状が出ます。
3日くらいで39℃以上の高熱が出ます。
発疹は3日~5日で収まることが多いとのこと。
あとは眼球結膜充血とリンパの腫れ。リンパは特に首と後頭部が腫れます。

【大人が風疹にかかると】
発熱や発疹の期間が長くて関節痛が酷く、仕事も一週間以上は休まなくてはならなくなってしまう場合もあります。
また、脳炎・血小板減少性紫斑病・溶血性貧血などの合併症もまれに引き起こします。

風疹の症状は「はしか」に似ているので「3日はしか」と呼ばれることもありますが、『風疹』と『はしか』は全く別の病気です!

【スポンサーリンク】



【対策】
風疹ウイルスは人と人へしか移らないため、マスクの着用でしっかりと予防することが大切です!

感染を防ぐには予防接種(7000円前後)が有効です。しかし、妊娠中の女性は受けることが出来ません。

妊娠中の人はどうすればいいのか。

妊婦さんは、過去に予防接種を受けていれば抗体が残っていることが多いため、血液検査で風疹抗体の有・無を確認することをまず初めに行ってください。

抗体がない場合はインフルエンザと同様、人混みを避けてマスクをして、手洗いうがいを念入りにして、予防に努めることが何よりも大切です。

家族の方にも予防接種を受けてもらうとより安心です。

妊娠12週までの女性が風疹になると胎児にも感染してしまい、難聴や白内障等の障害、または心身の発達の遅れ等がある赤ちゃんが生まれる可能性が高いとのこと。

【スポンサーリンク】



しかし、十分な抗体があれば心配ありません。
風疹の抗体を持っているか、産婦人科で検査してもらえます。

マスクの着用、人混みを避けるなどして、しっかりと予防をすることが何よりも大切です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。